ubuntu

windows 11でwsl2を使い始める

環境

  • windows11
  • Ubuntu 22.04

手順

wslインストール

wsl -l -oのコマンドでwsl installできるディストリビューションの一覧を表示できるので、確認する。

C:\Users> wsl --list -o
インストールできる有効なディストリビューションの一覧を次に示します。
既定の分布は ' * ' で表されます。
 'wsl --install -d <Distro>'を使用してインストールします。

  NAME               FRIENDLY NAME
* Ubuntu             Ubuntu
  Debian             Debian GNU/Linux
  kali-linux         Kali Linux Rolling
  SLES-12            SUSE Linux Enterprise Server v12
  SLES-15            SUSE Linux Enterprise Server v15
  Ubuntu-18.04       Ubuntu 18.04 LTS
  Ubuntu-20.04       Ubuntu 20.04 LTS
  OracleLinux_8_5    Oracle Linux 8.5
  OracleLinux_7_9    Oracle Linux 7.9

*がついているディストリビューション以外をインストールしたい場合は以下のコマンドで指定する。

wsl --install -d <Distro>

規定でよい(この場合はUbuntu22.04)場合はオプションの引数は不要なので、以下のコマンドを入力する。

wsl --install

インストールができたらwindowsを再起動する。

再起動したら、Ubuntuの初期設定が始まる。

設定するユーザー名とパスワードを入力して初期設定は終わり。

VSCodeをインストールする

windowsにVSCodeがまだ入っていない場合はインストールする。

VSCodeの拡張機能をインストールする

”Remote Development”という拡張機能をインストールする

Ubuntu側からVSCodeを起動する

VSCodeで作業したい対象のディレクトリ配下で

code .

を実行するとwindows側でVSCodeが起動するが、ubuntuにリモート接続している状態になる。

左下にUbuntuで実行中となればWSL上で実行できている。winsows側でVSCodeを開いた場合も左下の緑色の箇所をクリックするとWSLを選択できる。