ubuntu

Ubuntu 20.04でホームのディレクトリ名を英語にリネームする

前提

shellでcdコマンドを打つ際に日本語のディレクトリだと打ち込むのが面倒なので、英語表記に修正する。

  • Ubuntu 20.04

変更

以下のコマンドを端末で実行する。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

実行すると以下のような画面がポップアップしてくるので、Update Namesを選択する。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
Moving DESKTOP directory from デスクトップ to Desktop
Moving DOWNLOAD directory from ダウンロード to Downloads
Moving TEMPLATES directory from テンプレート to Templates
Moving PUBLICSHARE directory from 公開 to Public
Moving DOCUMENTS directory from ドキュメント to Documents
Moving MUSIC directory from ミュージック to Music
Moving PICTURES directory from ピクチャ to Pictures
Moving VIDEOS directory from ビデオ to Videos

lsコマンドで結果を確認する。問題なくディレクトリが作成されていることがわかる。

ただ、元のディレクトリが空出ない場合、ディレクトリの中身は移動してくれないので残ってしまう。

ピクチャとダウンロードとデスクトップだけ残ってしまった。

$ ls
 Desktop     Music      Templates         snap           ピクチャ
 Documents   Pictures   Videos            ダウンロード
 Downloads   Public    'VirtualBox VMs'   デスクトップ

ディレクトリの中身を移動させて、元のディレクトリを削除する。

mv デスクトップ/* Desktop; mv ピクチャ/* Pictures; mv ダウンロード/* Downloads; rmdir デスクトップ ピクチャ ダウンロード
$ ls
 Desktop     Downloads   Pictures   Templates  'VirtualBox VMs'
 Documents   Music       Public     Videos      snap

無事にリネームできた。

再起動せずにchromeでファイルなどをダウンロードするとダウンロードというディレクトリが作成されてしまうし、スクショを取るとホームディレクトリに直接格納されてしまう。

sudo reboot

再起動したら設定完了。

補足

ubuntuのファイルアプリ(windowsで言うところのエクスプローラー)はnautilusって名前らしい。端末でnautilusと打ち込むとファイルが立ち上がる。

$ nautilus

海底二万哩のノーチラス号からの着想でアイキャッチの画像を潜水艦にした